紹介先を決める前に知っておく事


紹介所で質問すべき8のこと

■1.勤務場所、勤務時間、雇用条件は細かく聞きましょう

求人情報に記載されている仕事内容だけでは、具体的なイメージが掴めずミスマッチを起こす可能性があります。例えば、「病棟での勤務希望だったが外来での勤務になってしまった」「勤務地が遠い」「残業が多い」など様々な問題があります。ご自身の働き方や希望する勤務地や時間など細かく聞くことによって、ミスマッチを防ぐことができます。また、数字には現れない細かな部分を聞くことができるのも紹介所のいいところです。

 

■病院内の人間関係や評判、雰囲気を聞きましょう

誰しも職場内の雰囲気や評判、人間関係が良好なところで働きたい事と思います。

職場の雰囲気を事前に知るにはご自身で病院を訪問するなどありますが、それだけでは実際の人間関係や内情まではわからないと思いてるイメージを持ちやすくなります。


紹介された病院内の看護師、ドクターの関係性や地域住民からの評判や働いている人からの評判など詳しく内情を聞くことができればいいのですが、実際にはなかなか難しいところです。

また、ご自身で気になる求人案件が見つかった場合は病院の評判などをネットで確認する方法もありますが、やはり一番は紹介所に聞くのがいいのではないでしょうか。

院内の雰囲気、実際に働いている人がどのような方なのか知ることでご自身が働いたときのイメージがしやすくなります。 

 

■育児などに理解のある求人もしくは環境が備わっているか聞きましょう

育児をしていない場合でも一つの指標になる質問。例えば保育室を設置している病院は育児だけではなく、多様な働き方に寛容である場合が多いです。育児との両立を考えている方は、求人案件に時短・単発の案件がないか、シフトの調整が可能な案件がないかも合わせて聞きましょう。ご自身がどのように育児と仕事を両立したいのか、紹介所にしっかり伝える事が大切です。 


■長期休暇などシフトの調整は可能か聞きましょう

フリーの方にとって旅行等まとめてお休みを取り計画的に自由なシフトを組めるかどうかはやはり重要です。病院によっては融通を聞かせてくれるところもあります。紹介所などで要望を伝えすぎるのも勇気がいるかもしれませんが、しっかりと自身のライフワークバランスを考え希望を発信しましょう。

 

 

■勤務先の病院と患者さんとの関係を確認しましょう

患者さんからのハラスメントに不安を抱える方も少なくありません。

そのような方のために看護師へのハラスメント対策を打ち出している病院、または打ち出

 


してはいなくても内部的に実施している病院もあります。中には診療をお断りしたり強制退院まで行う病院も実際にあります。そのような不安がある場合もヒアリングを通して、求職者様が安心して働ける病院を紹介できます。

一人では病院の内情まで調べる事は困難ですが、紹介所を通すことでより詳しく病院の内情を知ることができます。

■寮完備の派遣先があるか聞きましょう

ご紹介する病院には、寮完備のところもございます。地方の方はもちろん、海外からの短期帰国者の方も寮完備の病院を希望されることが多いです。

中には新築、築浅の物件を寮として借り上げてくれている病院もあります。

また、病院から通いやすいところにあることも多いので積極的に利用しましょう。

 


■長期間お休みしていた場合でも受け入れ先はあるか聞きましょう

産休や育休などで長期間お休みしていた場合、仕事復帰できるか不安になられると思います。紹介所では、求職者様とのヒアリングを通して希望されている条件をもとに受け入れ先と綿密に連絡をとる事で、その人に合った勤務先を選定しております。ブランクがおありでも、一度紹介所にお越しいただきご相談いただければと思います。

 

■通勤時間の短い派遣先はないか聞きましょう。

通勤時間が長いとストレスに感じる方も多くいるかと思います。求職者様とのヒアリングを通して、ご自宅からアクセスのいい病院のご提案もございます。家庭をお持ちの方などは、遠方の勤務地よりも最寄り駅から徒歩で通勤できる勤務地を探される方が多くいます。一人一人のワークライフバランスをもとにご希望にあった病院のご提案をさせて頂いてます。